FC2ブログ

介護離婚

熟年離婚という言葉は一般的になっていますが、介護離婚という言葉もあるようです。
(ネット上で見ました。)

夫婦の親の介護が必要になり、夫婦の関係が悪くなってしまう、というもののようですが、確かに介護は、精神的にも肉体的にも負担になるのは理解できますね。

夫は会社員、妻は専業主婦という場合ですと、妻が介護の主な担い手になってしまうということも、あり得るでしょうが、この場合の妻の負担はとても大きいでしょう。

このようなケースでは、夫婦だけでなく、親族で対応するのが理想でしょうが、協力を得ることが難しいことも、あり得るでしょう。
(本当に困りますね。)

互いを思いやっても、我慢の限界に達すれば、離婚を決意することは、不思議ではないと思います。

会社員の夫であっても、仕事の量を言い訳にするのではなく、介護を少しでも多く分担していただきたいですから、会社に実状を伝えて相談すべきと考えます。
(労働時間と介護サービスを精査して、妻の負担を小さくしていただきたいですね。)

すっきり解決するのはできないかもしれませんが、配偶者を大切に思う気持ちがあれば、すぐに行動に移すことがあると思います。