協議離婚は交渉

市町村に離婚届を提出するのが協議離婚、という概念は、形式としては正しいでしょう。

だから、手続きが簡単で、すぐに別れることが可能です。

しかし、離婚届を書く前に、離婚の条件を話し合うことは、必須です。

とりあえず離婚しておいて、後で話し合いをするというのは、物理的には可能ですが、元配偶者となった相手が、他人の意識に変わってしまうことも、珍しくありません。
(他人になったら、話し合いはもっと困難になるでしょう。)

したがって、配偶者の反発も覚悟して、粘り強く話し合いましょう。
(労力が必要になることを、覚悟してください。)

話し合いがまとまらない場合には、家庭裁判所の調停を利用しますが、最初から調停があるからと、熱意のない話し合いをするのは、賛成できません。

なぜなら、調停が自分に有利な条件で、進められるとは限らないからです。
(調停委員は、中立の立場です。)

協議離婚は、夫婦二人で自由に好きなだけ、話し合うことができる、と表すこともできます。

協議離婚が交渉次第であることを認識し、上手に話し合いを進めるべきです。

自分に有利な条件を引き出すのは、交渉に臨むあなた次第と考えます。

トラックバック

http://soudanrikon.blog2.fc2.com/tb.php/107-fc8da161

トラックバックを送信される方は、送信元の記事に送信先の記事へのリンクをお張りください。
送信元の記事にリンクが張られていない場合、および、送信元のWebサイトの内容が当Webサイトと関連がない場合は、トラックバックを削除させていただきますので、ご了承ください。