まゆつばもの

離婚をする条件を定め、それを書いたものを、離婚協議書といいます。

行政書士今井和寿事務所では、離婚協議書の作成のお手伝いをしています。

離婚協議書は、一般の紙に書くものと、公正証書として作成するものがあります。

夫婦のどちらか一方が、公正証書で離婚協議書を作ることを、拒むことがあります。
(拒まれた場合には、公正証書を用いることをあきらめることになります。)

拒む理由があるから、拒むのでしょうが、慰謝料や養育費の支払いを合意しているのに、公正証書を拒むというのは、正直、まゆつばものという感じがします。

なぜなら、慰謝料や養育費の金額と比べると、公正証書を作るための費用は、決して高くないからです。

公正証書で離婚協議書を作る場合に、文面に強制執行認諾条項を記載すれば、金銭の支払いが滞ったときに、強制執行が容易です。

しかし、一般の紙に書いた離婚協議書では、強制執行するのに手間がかかります。

これを分かっていて、一般の紙に書くことを選ぶのではと、公正証書を拒む人の中に、感じることがあるのです。
(金額の大きさや支払い期間の長さが、はっきりしている場合に、特に感じます。)

一般の紙で離婚協議書を作る場合は、後でトラブルになることを想定しておくべきだと思います。
(想定ということは、対応が容易か否かの検討も、する必要があると考えます。)

トラックバック

http://soudanrikon.blog2.fc2.com/tb.php/108-e1cd5699

トラックバックを送信される方は、送信元の記事に送信先の記事へのリンクをお張りください。
送信元の記事にリンクが張られていない場合、および、送信元のWebサイトの内容が当Webサイトと関連がない場合は、トラックバックを削除させていただきますので、ご了承ください。