FC2ブログ

親子断絶防止法案(通称)

離婚後の子と父・母の面会交流を促す「親子断絶防止法案」(通称)を、超党派の国会議員連盟が成立を目ざす動きがあるそうです。

法案が議論される背景には、面会を求める別居親が増えていて、調停の申し立てが増加していることがあるそうです。

養育費を支払っているのに子と会うことができないというケースであれば、妥協を図りたいという気持ちは理解できます。

一方で、別居親には子に不利益となる問題があるから、絶対に合わせたくない・会わせるべきではない、といった場合の気持ちも理解できます。

様々な事情のある元夫婦・親子について、法律で一律にルールを当てはめることは困難であるとして、「親子断絶防止法案」(通称)には、懸念や反対する意見もあるそうですから、どのように推移していくのか、国民は注視すべきでしょう。

トラックバック

http://soudanrikon.blog2.fc2.com/tb.php/110-a902935b

トラックバックを送信される方は、送信元の記事に送信先の記事へのリンクをお張りください。
送信元の記事にリンクが張られていない場合、および、送信元のWebサイトの内容が当Webサイトと関連がない場合は、トラックバックを削除させていただきますので、ご了承ください。