離婚協議書の作成を拒む方へ

離婚協議書と聞いて、作成を拒む方がいらっしゃいます。

そこで、作成を拒む方へ、お伝えしたいことがあり、投稿します。

離婚協議書を作ろうという話があったということは、離婚すること自体については、夫婦で一致したということですよね。

離婚することの合意のために、夫婦で話し合いがあったはずですが、それは夫婦という間柄だから、話し合いが可能だったのではないでしょうか。
(離婚届は、夫婦の一方だけでは作ることができませんから、話し合いは必然でしょう。)

しかし、離婚後に、元配偶者との話し合いが、はかどるでしょうか?

元配偶者からの連絡に対する反応だけを見ても、離婚前と変わらないでしょうか?

離婚協議書の作成を求める方が、離婚の条件を証拠として残しておきたいというだけでなく、離婚後の元配偶者に、余計な迷惑が生じないようにとお考えになっていることも、分かってあげてほしいのです。

離婚協議書を作らないと、調停や裁判となることがあり、余計な手間としては、大きなものになります。

どうか、離婚前の共同作業として、離婚協議書の作成に取り組んでください。

トラックバック

http://soudanrikon.blog2.fc2.com/tb.php/114-945b0540

トラックバックを送信される方は、送信元の記事に送信先の記事へのリンクをお張りください。
送信元の記事にリンクが張られていない場合、および、送信元のWebサイトの内容が当Webサイトと関連がない場合は、トラックバックを削除させていただきますので、ご了承ください。