話し合いのできない夫婦

離婚に向けた話し合いをしたいのだけれど、配偶者がまともに応じてくれない。

このような夫婦は、決して少なくないと思います。

そして、ここが一つの分岐点になっているとも思います。

それは、話し合いができないから、離婚をあきらめる、という理由になってしまうことです。

話し合いができないから、何も決められない、離婚届を書くことに躊躇する、といった状態で、あきらめてしまう、ということです。

でも、この選択が適切だったとして、気持ちがすっきり収まったとは、考えにくいですよね。

どうすることもできないから、仕方なくそのままにした、というケースが多いのではと考えます。

ということは、夫婦関係の悩みは相変わらず続く、ということになります。

もちろん、この選択を評価するのは、それを選んだ自身ですが、配偶者の変化を期待して待つことができるでしょうか。

辛抱できる人はともかく、辛抱できない人は、どうなりますか。

精神的につらい方は、変わることを求めるべきと、考えます。

変わりたいと思うのであれば、家庭裁判所の調停を利用すべきと考えます。
(調停の申し立てにより、話し合いのできなかった配偶者の態度が変わることも、あり得ると思います。)

トラックバック

http://soudanrikon.blog2.fc2.com/tb.php/124-958dce06

トラックバックを送信される方は、送信元の記事に送信先の記事へのリンクをお張りください。
送信元の記事にリンクが張られていない場合、および、送信元のWebサイトの内容が当Webサイトと関連がない場合は、トラックバックを削除させていただきますので、ご了承ください。