公的年金についての基礎知識(1)

離婚時の年金分割を学ぶ上で意味が分からないと、理解が進まない言葉が出てくることがあります。そこで、その言葉を公的年金についての基礎知識として、簡単にご説明します。まずは、国民年金です。

国民年金

20歳以上60歳未満の人が、加入しなければならない公的年金です。加入している人のことを被保険者といい、第1号被保険者、第2号被保険者、そして、第3号被保険者という三種類に分かれています。

第1号被保険者

日本国内在住の20歳以上60歳未満の自営業者、フリーターや学生などです。

第2号被保険者

厚生年金の被保険者(加入している人のことです。)や共済組合の組合員(加入している人のことです。)です。

第3号被保険者

第2号被保険者の被扶養配偶者で、20歳以上60歳未満の人をいいます。会社員や公務員の配偶者で、専業主婦が代表例です。

老齢基礎年金

原則として、65歳以上から支給される国民年金のことです。支給されるには、法律に定められた支給要件を満たさなければなりません。

トラックバック

http://soudanrikon.blog2.fc2.com/tb.php/15-d11e66e8

トラックバックを送信される方は、送信元の記事に送信先の記事へのリンクをお張りください。
送信元の記事にリンクが張られていない場合、および、送信元のWebサイトの内容が当Webサイトと関連がない場合は、トラックバックを削除させていただきますので、ご了承ください。