公的年金についての基礎知識(2)

今回は、厚生年金と共済年金について、ご説明します。
厚生年金と共済年金は、離婚時の年金分割の対象となる公的年金です。

厚生年金

一般の会社に勤める方が加入する公的年金で、在職中の報酬(給料や賞与)の金額により年金額が異なります。

共済年金

公務員の方が加入する公的年金で、在職中の報酬(俸給(給料)や期末手当等)の金額により年金額が異なります。

老齢厚生年金

65歳から支給される厚生年金のことです。
受給するには、法律に定められた要件を満たさなければなりません。

離婚時の年金分割により、支給額が変わります。

退職共済年金

65歳から支給される共済年金のことです。
受給するには、法律に定められた要件を満たさなければなりません。

離婚時の年金分割により、支給額が変わります。

按分割合

婚姻期間内の夫婦の報酬を合計し、その合計額に対する分割を受けた人の報酬の割合をいいます。

按分割合には上限があり、0.5となっています。

トラックバック

http://soudanrikon.blog2.fc2.com/tb.php/19-39a06f82

トラックバックを送信される方は、送信元の記事に送信先の記事へのリンクをお張りください。
送信元の記事にリンクが張られていない場合、および、送信元のWebサイトの内容が当Webサイトと関連がない場合は、トラックバックを削除させていただきますので、ご了承ください。