養育費の算定の目安

協議離婚では養育費の金額も、話し合いで決定しますが、支払う側と支払いを受ける側の希望に隔たりが生じることがあります。
これは、双方の立場の違いもありますが、妥当な金額が思いつかないという場合も多いと思います。

家庭裁判所では、養育費算定表を用意しており、実務でも利用されているようです。(裁判所のWEBサイト(養育費算定表の使い方のページ)にも、公開されています。)

養育費算定表

養育費算定表は子どもの人数や年齢により使用する表が異なっており、義務者(養育費を支払う側)と権利者(子どもを引き取って育てる側)の年収を当てはめ、交差した所が養育費の金額となります。

協議離婚ですので、この養育費算定表の金額に従う必要はありませんが、判断の基準や目安となりますので参考にすべきでしょう。

トラックバック

http://soudanrikon.blog2.fc2.com/tb.php/21-b280ba5e

トラックバックを送信される方は、送信元の記事に送信先の記事へのリンクをお張りください。
送信元の記事にリンクが張られていない場合、および、送信元のWebサイトの内容が当Webサイトと関連がない場合は、トラックバックを削除させていただきますので、ご了承ください。