性格の不一致だけでは

タレントさんの離婚報道でよく出てくるのが、性格の不一致。

協議離婚であれば理由は関係ないので、離婚届を出すことで別れることができますが、一方が離婚を拒否して裁判になった場合に性格の不一致がどう判断されるかは、実態・具体性によるでしょう。

民法に定める離婚原因には以下のものがありますが、性格の不一致は、その他婚姻を継続し難い重大な事由にあたるかどうかの判断ということになるでしょう。

・配偶者に不貞な行為があったとき
・配偶者からの悪意で遺棄されたとき
・配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
・配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
・その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

しかし、性格の不一致だけでは、その他婚姻を継続し難い重大な事由にはなりません。

性格の不一致は当人の気持ちや考え方なので、具体的・客観的に夫婦生活が破綻していることが証明されなければ、裁判所が認めることはないでしょう。

トラックバック

http://soudanrikon.blog2.fc2.com/tb.php/37-792a14fc

トラックバックを送信される方は、送信元の記事に送信先の記事へのリンクをお張りください。
送信元の記事にリンクが張られていない場合、および、送信元のWebサイトの内容が当Webサイトと関連がない場合は、トラックバックを削除させていただきますので、ご了承ください。