FC2ブログ

婚姻費用分担請求の申し立て

夫婦仲が悪くなって別居し、離婚の話し合いが行われるようになった頃、収入の多い側が生活費を全く出さなくなってしまう場合があります。

当然収入の少ない側は、生活に困ることになります。

しかし、婚姻関係が続いている以上、夫婦には相互に扶助する義務があるのですから、生活費を全く出さないというのは、義務を果たしていないことになります。

収入の少ない側には、離婚が成立するまでの生活費を請求する権利があるのです。

こんなときには家庭裁判所に、婚姻費用分担請求についての調停を申し立てましょう。

調停では収入の実際を主張しますので、給与明細、確定申告書の控え、課税証明書などの収入に関する証明書類を用意しましょう。

なお、調停が成立すれば、調停調書が作成されますので、裁判の判決と同様に、強制執行力があります。

トラックバック

http://soudanrikon.blog2.fc2.com/tb.php/38-52f74fb5

トラックバックを送信される方は、送信元の記事に送信先の記事へのリンクをお張りください。
送信元の記事にリンクが張られていない場合、および、送信元のWebサイトの内容が当Webサイトと関連がない場合は、トラックバックを削除させていただきますので、ご了承ください。