財産分与と慰謝料

財産分与と慰謝料は別々のものなのですが、きちんと分けて取り決めておかないと、損をしてしまうことがあります。

財産分与の目的

財産分与の目的を、三つに分ける考え方があります。

一つ目は、結婚生活の中で作られた財産を清算することです。

二つ目は、離婚後に経済的に弱者となる配偶者の扶養のためです。

三つ目は、離婚の慰謝料ということです。

財産分与と慰謝料の関係

慰謝料を財産分与の中に含めてしまう考え方は、相手方に財産を分け与える(給付する)ということでは同様なのだから、まとめて行おう、という考えから来ていると思われます。
(慰謝料の分だけ分与される財産が多くなるならいい、という方がいらっしゃるかもしれません。)

しかし、慰謝料は、離婚の原因を作った者に、その精神的な損害を賠償してもらう目的のお金です。

後のトラブルや別途の慰謝料請求等を考えますと、財産分与と慰謝料は、別個のものとして取り決めるべきだと考えます。
(別々の金額として取り決めましょう。)

トラックバック

http://soudanrikon.blog2.fc2.com/tb.php/42-48dbc740

トラックバックを送信される方は、送信元の記事に送信先の記事へのリンクをお張りください。
送信元の記事にリンクが張られていない場合、および、送信元のWebサイトの内容が当Webサイトと関連がない場合は、トラックバックを削除させていただきますので、ご了承ください。