離婚調停を上手に利用すべき

夫婦の一方はすぐにでも離婚したいが、相手がぐずぐずしていて話が進まない、話し合いができない・・・・。

ご相談をお受けしていますと、このような夫婦が多いように感じます。

このような場合には、家庭裁判所の手続きをご案内していますが、すぐに離婚できなことにがっかりされる方がいらっしゃいます。

まずは離婚調停の申し立てからスタートすることになりますが、これがとてもご不満なようです。
(第三者である調停委員と話を進めていくのが、おっくうということのようです。)

以前申し上げましたとおり、いきなり訴訟で離婚を求めることはできません。
調停前置主義となっています。)

しかし、調停前置主義である以上、調停をしなければ、離婚には至りませんし、悩みが続くことになるでしょう。
(我慢を続けても、解決が見えてこない場合が多いのではないでしょうか。)

離婚調停は費用が安いですし、成立すれば強制執行力があります。

親権、養育費、財産分与、年金分割、慰謝料といった条件を盛り込むことが可能ですから、上手に利用すべきです。

トラックバック

http://soudanrikon.blog2.fc2.com/tb.php/62-dd11c578

トラックバックを送信される方は、送信元の記事に送信先の記事へのリンクをお張りください。
送信元の記事にリンクが張られていない場合、および、送信元のWebサイトの内容が当Webサイトと関連がない場合は、トラックバックを削除させていただきますので、ご了承ください。