FC2ブログ

離婚をしないと相続トラブルに

子育てが終わった世代の夫婦で、離婚したほうがいいと思われるケースについて述べます。

例えば、不仲となってから久しく、別居状態が何年も続いているような場合です。
(離婚の手続きがうまく進まず(話し合いができないとか一方が離婚届に署名しない等)、ほったらかしになっているような場合が多いですね。)

この後、この夫婦の親族に、大きなトラブルが発生することがあるのです。

それは、相続のトラブルです。

夫婦関係が実質的に破綻していたとしても、戸籍では夫婦のままです。

この状態で夫婦のどちらか一方が亡くなると、配偶者と子には相続の権利がありますよね。

残った配偶者が不貞行為などの不仲の原因を作った側であったとしても、離婚が成立していませんから、配偶者には相続の権利があります。

不貞行為をした親(配偶者)と子の間で、相続トラブルが発生する可能性がありますよね。
(別居して愛人と生活していて、愛人との間に子がいるなんて場合だったら、愛人やその子まで、親族でもないのに相続に割って入ってくるかもしれません。)

亡くなった親固有の財産なのか夫婦の共有の財産なのかという点でも、もめそうですし、本当に面倒なことになります。

受け継いでいくお子さんのことも考えれば、夫婦のことは決着をつけなければなりません。

相続トラブルを回避するには、速やかに離婚手続きに入られることをお勧めします。
(離婚届が書けない状況であれば、調停に入ってください。)

トラックバック

http://soudanrikon.blog2.fc2.com/tb.php/63-4d2e3e5f

トラックバックを送信される方は、送信元の記事に送信先の記事へのリンクをお張りください。
送信元の記事にリンクが張られていない場合、および、送信元のWebサイトの内容が当Webサイトと関連がない場合は、トラックバックを削除させていただきますので、ご了承ください。