FC2ブログ

行方不明の配偶者との離婚

配偶者がどこかに行ってしまって、行方も分からない状態が長期間続いていたとします。
生活費を送ったり送られたりということもなく、まさに音信不通であったとします。
(実家で親と暮らしているとか愛人のマンションにいるとかではなく、家出から蒸発してしまっているような場合のことです。)

このような状態ですと、残された配偶者が離婚したい場合も当然あるでしょう。
しかし、相手に連絡することも会うこともできませんから、離婚の話し合いは不可能な状況です。

行方不明の配偶者とどのように離婚すればよいでしょうか?

方法は二つあると考えます。

離婚訴訟

法律が定める離婚原因の中に、「悪意の遺棄」と「3年以上の生死不明」があります。

正当な理由がないのに、家庭を顧みず家出を続け、生活費も渡さないということであれば、「悪意の遺棄」が認められる可能性が高いでしょう。
また、蒸発してから3年以上経過しているのであれば、「3年以上の生死不明」に該当するでしょう。

離婚訴訟で「悪意の遺棄」や「3年以上の生死不明」と認められれば、離婚判決を得ることができます。

普通失踪

蒸発した人の家族には、権利義務で日常生活にいろいろ問題が発生するでしょう。

そこで、不在者の生死が7年以上不明である場合には、利害関係人の請求により家庭裁判所が失踪宣告をするという制度が設けられています。
(これを普通失踪といいます。)

失踪宣告があると、普通失踪では7年間が経過した時点で、不在者が死亡したものとみなされます。

トラックバック

http://soudanrikon.blog2.fc2.com/tb.php/67-a52c456d

トラックバックを送信される方は、送信元の記事に送信先の記事へのリンクをお張りください。
送信元の記事にリンクが張られていない場合、および、送信元のWebサイトの内容が当Webサイトと関連がない場合は、トラックバックを削除させていただきますので、ご了承ください。