別居と生活費

夫婦関係を修復する努力をしたいが、同じ家にいると精神的につらい、けんかになるだけだ、といった状況ですと、冷静な話し合い・判断は難しいでしょう。

じっくりと考え自分の考え方をまとめるには、独りの時間と空間が必要と考えます。

となると、別居されるのがよいでしょう。

別居は構わない、でも、生活費が足りなくなるのが心配だという方がいらっしゃるかもしれません。
(夫婦仲が悪くても今は配偶者に扶養されている、という場合でしょうか。)

このような場合も、法律的には問題ありません。

民法第760条で、「夫婦は、その資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生じる費用を分担する。」としています。
(この文章だけでは、よく分かりませんね。)

別居していても婚姻関係が継続していますから、生活費は婚姻から生じる費用で、必要です。

夫婦間の扶養義務がありますから、生活費(婚姻費用)を請求することができます。

ただ、夫婦仲が悪かったのですから、別居生活が始まった後に、請求しても支払ってくれないことがあるかもしれません。

こんなときは、もうすべてのことを洗いざらい家庭裁判所の調停に持ち込みましょう。

夫婦関係のこと、お金のこと、その他の夫婦の問題を話し合って、解決を目ざしましょう。

夫婦二人だけで話し合うのと違い、第三者である調停委員が間に入ってくれます。
(けんかにならずに、話が進むでしょう。)

トラックバック

http://soudanrikon.blog2.fc2.com/tb.php/74-770ddb7f

トラックバックを送信される方は、送信元の記事に送信先の記事へのリンクをお張りください。
送信元の記事にリンクが張られていない場合、および、送信元のWebサイトの内容が当Webサイトと関連がない場合は、トラックバックを削除させていただきますので、ご了承ください。