離婚後の氏(姓、名字)の変更

婚姻中に称して(使って)いた氏(姓、名字)を、そのまま続けて使うか婚姻前の氏に戻すかについては、離婚の際に決めるのが通常です。

その時には、自身の仕事・活動、子どもの年齢、住所地などを考えて、決められているでしょう。
(協議離婚の場合、離婚届に記入欄があります。)

婚姻中の氏を継続して使う場合には、「離婚の際に称していた氏を称する届」を市町村に提出しますが、期限があります。

離婚した日から3か月を経過すると、この届出をすることはできません。

期限が過ぎた後に、婚姻中の氏を使いたいと決めた場合には、家庭裁判所の「氏変更の許可」審判で、変更を求めます。

ただし、市町村に提出する「離婚の際に称していた氏を称する届出」の場合と異なり、家庭裁判所の判断があります。
(変更の必要性が考慮されるでしょう。)

ですので、事前に離婚後の生活をしっかり慎重に考えた上で、氏のことを決めるべきと考えます。

なお、子どもが成人に達したからとか、実家を継ぐためとかで、旧姓に戻す場合も、同じ手続きになります。

トラックバック

http://soudanrikon.blog2.fc2.com/tb.php/86-6f9c4000

トラックバックを送信される方は、送信元の記事に送信先の記事へのリンクをお張りください。
送信元の記事にリンクが張られていない場合、および、送信元のWebサイトの内容が当Webサイトと関連がない場合は、トラックバックを削除させていただきますので、ご了承ください。