FC2ブログ

別れても二人で育てている

夫婦に未成年の子どもがいる場合、日本の法律では離婚するときに、親権者を定めることになっています。

しかも、父母のどちらか一方(単独親権)であり、二人とも親権(共同親権)を持つことはできませんし、二人の任意で自由に交代できるものでもありません。

しかし、親権者とならなかった一方には、養育費を支払う義務があり、面会交流(面接交渉)の権利もあります。

ですので、元夫婦の間に憎悪の念が続いているとしても、子どもと親としての一定の関係が続くことになります。
(別れても二人で育てているという部分がある、といえるでしょう。)

でも、子どもと一緒に暮らす側からすれば、元配偶者に子どもを会わせたくないという場合もあります。

だから、面会交流(面接交渉)については、子どもの気持ちを尊重しつつも、成長過程にふさわしくない(子どもの福祉に反する)ことがないよう、運用する必要があります。

トラックバック

http://soudanrikon.blog2.fc2.com/tb.php/88-f02e7823

トラックバックを送信される方は、送信元の記事に送信先の記事へのリンクをお張りください。
送信元の記事にリンクが張られていない場合、および、送信元のWebサイトの内容が当Webサイトと関連がない場合は、トラックバックを削除させていただきますので、ご了承ください。