FC2ブログ

親権者変更の調停

未成年の子どもがいる夫婦は、協議離婚をする場合には必ず親権者を定めなければなりません。

夫婦の都合で離婚するにしても、子どもの生活・教育・財産については、責任を果たしてくださいと、法律で要求されるのです。

協議離婚で親権者を定めるすべての夫婦が、しっかりとした判断基準で決めているかは疑問ですが、いったん就任したからには、本当に重責です。

子どもの成長のためにがんばらなければなりません。

しかし、親権者が子どもにとって適切ではない(問題がある)という場合も、あります。

その場合には、親権者の変更を家庭裁判所に求めることができます。
(元夫婦の話し合いだけで変更する、といったことはできません。)

家庭裁判所に、親権者変更の調停を申し立てます。

もちろん、無条件に変更が認められるわけではなく、子どもの福祉にかなうものである必要があります。
(変更を希望する事情、現在の親権者の意向、今までの養育状況、双方の経済力や家庭環境、そして子どもの年齢、性別、性格、就学の有無、生活環境や子どもの意思が、考慮されるようです。)

なお、調停で解決できない(不成立の)場合には、審判が行われ、変更するか否かが決まります。

トラックバック

http://soudanrikon.blog2.fc2.com/tb.php/90-3c576965

トラックバックを送信される方は、送信元の記事に送信先の記事へのリンクをお張りください。
送信元の記事にリンクが張られていない場合、および、送信元のWebサイトの内容が当Webサイトと関連がない場合は、トラックバックを削除させていただきますので、ご了承ください。