収入と支出の根拠

当たり前のことですが、生活をしていくには、お金が必要です。

ところで、夫婦としてのお金の出入りについて、他人に説明できる程度にまで把握されていますか?

収入と支出という面においては、さまざまな夫婦があると思います。

夫の稼いだお金を、すべて妻が管理しているという夫婦もあれば、毎月決まった額しか、夫から妻に渡らないという夫婦もあるでしょう。

夫婦が円満な場合はともかく、離婚の話を進めている状況であれば、夫婦の収入と支出の実態を、知っている必要があると思います。

婚姻家庭の日常の生活を維持するために必要な費用のことを、婚姻費用といいますが、婚姻費用の内容を知っていないと、離婚の話し合いや調停で、不利益となる場合があると考えます。

例えば、夫婦仲が悪くなったので別居したが、生活費をもらえなくなってしまった場合に、家庭裁判所に婚姻費用分担請求を行うときのことです。

そのときに、夫と妻の収入金額がどのようになっているかを、示す必要がありますが、その根拠となる物が求められます。

給料明細や確定申告書の控えといった物が、収入の根拠となりますので、コピーしておくべきです。

また、離婚後の子どもの養育費の算定でも、夫と妻の収入金額が必要になります。

お金のことを、話し合いで決めるにしても、家庭裁判所の調停を利用するにしても、しっかり権利を主張するためには、根拠が重要なのです。

離婚の話が出てきたら、収入と支出の根拠を、入手・確保してください。

トラックバック

http://soudanrikon.blog2.fc2.com/tb.php/91-22ee2b30

トラックバックを送信される方は、送信元の記事に送信先の記事へのリンクをお張りください。
送信元の記事にリンクが張られていない場合、および、送信元のWebサイトの内容が当Webサイトと関連がない場合は、トラックバックを削除させていただきますので、ご了承ください。