卒園、卒業

離婚により、お子様の名字が変わることがあります。

夫婦の当人は、そのことを理解しているし、その影響も考えているとは思います。

でも、お子様の気持ちや日常の変化について、すべて対処しているでしょうか。

ある日突然、名字が変わるのですから、その影響を小さくできるのであれば、小さくしたほうがよいでしょう。

卒園、卒業と離婚とを合わせるのも、その方法の一つだと思います。

卒園、卒業だけでなく、入園、入学のことも考えると、今ぐらいから離婚の手続きに取りかかるべきではないでしょうか。

離婚協議書の作成だけでも、それなりにがんばったが1箇月かかってしまった、というケースは珍しくありません。

戸籍の情報が収まる(完了する)のには、役所の事務処理の時間も必要ですから、計画を立てましょう。
(別の手続きで、戸籍の情報が必要になる場合があるからです。)

トラックバック

http://soudanrikon.blog2.fc2.com/tb.php/96-ae6c1a05

トラックバックを送信される方は、送信元の記事に送信先の記事へのリンクをお張りください。
送信元の記事にリンクが張られていない場合、および、送信元のWebサイトの内容が当Webサイトと関連がない場合は、トラックバックを削除させていただきますので、ご了承ください。