離婚後は裁判所で請求

とても一緒にはいられない、早く別れたい、別居でも無理、・・・・様々なそれぞれの理由で、言わば逃げるように離婚される(された)方もいらっしゃるでしょう。

そのような場合には、養育費や財産分与について、何も決めずに離婚届を提出する(した)ということでしょう。

心身がつらくて、取り決めなんてしている状況じゃなかったということも、理解できます。

ただ、元配偶者の顔を見たくないとしても、お金のことで困ることは、珍しいことではありません。

さて、離婚後に、元配偶者に、お金の請求ができるかといえば、方法はあります。

財産分与と養育費については、家庭裁判所の手続きが利用できます。

また、慰謝料については、財産分与や養育費と併せて家庭裁判所の手続きを行う場合だけでなく、地方裁判所の手続きで請求する方法もあります。

離婚前の取り決めに比べると、裁判所の手続きは、時間と手間が必要になりますが、気持ちを切らさないで、粘り強くがんばってください。

トラックバック

http://soudanrikon.blog2.fc2.com/tb.php/99-869c52d8

トラックバックを送信される方は、送信元の記事に送信先の記事へのリンクをお張りください。
送信元の記事にリンクが張られていない場合、および、送信元のWebサイトの内容が当Webサイトと関連がない場合は、トラックバックを削除させていただきますので、ご了承ください。